はじめての転職エージェント-リクルートエージェントへの登録と活用-

1.リクルートエージェントのログイン方法

 まず、利用するためには他の転職サイト同様にログインする必要がありますが、リクルートエージェントではサイトトップから直接ログインすることができません。 

 

 利用するためには、「無料登録」で項目を入力し、入会する必要があります。ここで現在の仕事と、転職に際しての大まかな希望を記入する画面が出ます。

 

 

はじめての転職エージェント-リクルートエージェントへの登録と活用-


↑登録所要時間約4分↑

 

 

はじめての転職エージェント-リクルートエージェントへの登録と活用-

「図:転職支援サービスお申し込み画面」

 

 必須項目を入力して「登録」をクリックすると、すぐに登録完了のメールが届きます。ここでお申込み受付番号が発行されるので、必ず控えておき、紛失しないようにします。

 

はじめての転職エージェント-リクルートエージェントへの登録と活用-

「図:登録完了のメール」

 

 約1周間ほど待つと、「パーソナルデスクトップ(PDT)」へのログインを案内するメールが届きます。このメールにはパーソナルデスクトップへのURLがリンクとして添付されていますので、クリックして開くことができます。ここで初めてログインすることができるようになります。

 

2.パーソナルデスクトップ

はじめての転職エージェント-リクルートエージェントへの登録と活用-

「図:パーソナルデスクトップのトップ」

 

 パーソナルデスクトップに入ると、「求人一覧」などの案件を閲覧するタブが表示されます。「おすすめ求人一覧」の中にセミナーの紹介などもあるので、必要に応じて参加することもできます。

 

 なお、これらの項目は一度、実際に面談に行ってアドバイスを受けなければ利用できません。面談を受けるまでは具体的な案件を紹介してもらえませんので、早めに面談の日程を調整しましょう。

 

 面談の日時の調整はパーソナルデスクトップの案件メール同様、1周間ほどで同じメールアドレスに送信されてきますので、見逃さないようにしてください。面談に関するメールへの返信は速やかに、少なくとも2日以内には済ませるようにしてください。

 

3.初回の面談

最初の面談では、以下のようなことを話し合います。

  • 専任のアドバイザーとの転職実現に向けた相談。
  • 職務経歴書などの転職書類の書き方に関する関するアドバイス
  • 自分の経歴の中のポイント整理と自己分析 
  • 具体的な求人のご紹介
  • 転職活動の進め方の説明

 

 具体的な話し合いの内容としては「いつごろまでに転職を完了させたいか」「どんな条件の案件を希望しているか」「仕事に対する意識や姿勢、重視したい点」などがあります。面談の当日までにある程度自分の転職への意志を固めておきましょう。

 

 面談は朝10時から19時までの時間帯から選ぶことができます。土日、祝日も面談を行っていますので、確実に十分な時間が取れる日を選ぶようにします。ちなみに、転職活動のスケジュールの目安は、最初の応募から1ヶ月〜2ヶ月ほどです。内定が決まったら、退職に関する調整や交渉を1ヶ月程度行ってくれます。

 

豆知識1:スタッフの種類
転職サポートスタッフが機能によって2つの種類があります。
・キャリアアドバイザー:実際の面談や求人を紹介します。
・アシスタント:要望を聴いたり、転職活動中の日程を調整したりしてくれます。

 

豆知識1:転職のサポート期間
リクルートエージェントの転職サポートには期間がございます。初めての面談から3ヶ月以内となっています。

 

豆知識2:リクルートエージェントの退会方法
 リクルートエージェントでは明確に「退会する」というシステムをとっていません。「転職支援サービスを終了する」ことが退会です。リクルートエージェントの支援が不要になった時点で、メールなどで支援を終了してほしい旨を伝えます。

 

はじめての転職エージェント-リクルートエージェントへの登録と活用-


↑登録所要時間約4分↑

 

 

 


トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト