企業研究はしっかり行ってから応募しよう

企業研究が必要な理由

 高給取りになることが前提の転職活動の場合、企業に対して、自分という商品に高く価値があることを、プレゼンテーションしなければなりません。

 

 キャリアの棚卸しと自己分析で見つけた自分の強みや持っているノウハウが、いかに企業のニーズにマッチしているのかを、アピールする必要があります。

 

 募集職種の内容だけでなく、組織が必要としているニーズを知るためにも、企業研究は絶対に不可欠なのです。

 

 

企業研究のための情報源とは?

 企業情報を知るための情報源としては、応募企業のホームページや会社案内、転職サイトの求人情報などがあります。

 

 さらに、応募企業の最近の動向を知りたいのなら「日経テレコン21」を、経営方針や財務状況が知りたいなら「会社四季報」「帝国データバンク会社年鑑」「東商信用録」を見ると、欲しい情報が掲載されているはずです。

 

 特に上場企業の場合は、必ず目を通しておきましょう。社史や歴史を知っておきたいと考えたなら、「日本会社史総覧」も役立ちます。

 

 複数の情報源に目を通し、活字化された情報の中から、企業が求める人物像やニーズを見つけましょう。そして、そこで得た情報を、志望動機や自己PRに盛り込むようにしてください。

 

 

 

【関連記事】

 

 

 



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト