転職活動は在職中と退職後、どっち?これを読めば答えが出せます

「安心」なのはどっち?

 

 社会人は、安心感を求めるもの。だからこそ正規雇用として働き、転職後もそうした働き方を望んでいるのでしょう。転職する時、そのタイミングによって、安心感の大きさは変わってきます。在職中と退職後、より安心感を得られるのはどちらなのでしょうか。

 

 仕事に関する安心感と聞いて、あなたは何をイメージしますか?お金でしょうか。それとも仕事が無くならないこと?いずれにしても、仕事を辞めなければ両方の安心感を維持したまま転職活動を行うことができます。

 

 しかし、退職すればお金も仕事の継続も無くなってしまい、一気に安心感を失ってしまうでしょう。

 

転職に近づけるのはどっち?

 

 仕事をしながら転職活動をすべきか、それとも退職してから転職活動をすべきか。これを考える時には、どちらの方がより転職へと近づくことができるのか、ここも考慮しなければなりません。

 

 これは“安心感”の時と違い、人によって異なってくるはずです。ただ、転職希望者の大半に当てはまるのは、在職中でしょう。企業側だって、無職の人を採用するリスクは負いたくありません。そこそこ良い人材に思えても、それでも無職になってしまった理由を考えるのが企業というもの。

 

 「転職するため」という理由を上手く伝える能力が備わっていなければ、企業側のこの疑念や不安は消えないのです。

 

結局、転職活動するならどっち?

 

 あなたが持つ安心感と企業が持つ安心感。これらを考えてみれば、在職中に転職活動をすべきだという答えは、自然と出てくるのではないでしょうか。それでも退職してから転職活動をしたいというのであれば、もう止めません。

 

 ただ、それをしてしまうと、「やっぱり辞めなければよかった」と思った時、既に手遅れであることも頭に入れておきましょう。逆に、在職中に転職活動を行っていれば、「やっぱり辞めておけばよかった」と思った瞬間辞めることができるため、転職時期は遅れるかもしれませんが、退職後に転職活動を始めた人が感じる後悔よりは幾分かマシであると考えられます。

 

 

【関連記事】



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト