転職活動にかかる期間を知り、適切な転職活動計画を立てましょう

2ヶ月ほどで多くの人が転職完了

 

 転職活動期間は短ければ短いほどいい、そう誰しもが思うと思います。現実はどうなのでしょうか。

 

 実際のところは、多くの人が2ヶ月ほどの活動期間で転職を完了させてしまうようです。半分以上の人がこれくらいの期間しか転職活動をしていないそう。一般的には3ヶ月程度と言われていますが、求人の数そのものが増えていることもあり、今はそれほどの時間をかけることなく転職できる人が多いのかもしれません。

 

 ただ、全ての人が2ヶ月ほどで転職できるわけでもなく、そしてこれもひとつの現実として知っておきたいところ。3ヶ月以上かかってしまう人も全体の4分の1程度いるようですから油断してはいけないのです。

 

“完了”と“成功”は違うもの

 

 転職の完了までは2ヶ月ほどかもしれませんが、この“完了”と転職の“成功”は決してイコールであるとは思わない方がいいでしょう。

 

 転職することができても、そこで満足感が得られなければ転職に成功したとは言えないはず。それは、転職活動にかかる期間を気にし過ぎるがあまり、成功を手に入れられない人もいると言えるのかもしれません。

 

 2ヶ月で転職できるに越したことはありませんが、やはり3ヶ月から4ヶ月程度の期間で転職活動計画を立てておくべき。時間的余裕を持っていれば活動計画を見直したり自己分析をやり直したりなどが躊躇なくでき、確実に転職の“成功”へと近づくことができるはずです。

 

応募数によって活動期間は変わる?

 

 転職活動にかかる期間は、応募数によっても変わってくるのでしょうか?確かに影響するかもしれませんが、多く応募している人の方がより早く転職できるとは限りません。

 

 むやみやたらに応募する人は企業研究も散漫で、自分を効率良くアピールできずに、転職活動期間が無駄に長くなってしまう可能性もあるでしょう。しかし、慎重になり過ぎて1ヶ月に1社や2社しか応募できないとなれば、これも転職活動期間が長くなってしまうリスクが出てきます。

 

 数だけにこだわるのではなく、しかし質のみにこだわるのも避け良いバランスで活動できれば、短い期間で転職することができるのではないでしょうか。

 

 

【関連記事】



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト