求人情報媒体を併用しよう

求人情報媒体を厳選しよう

 求人情報媒体とは、転職サイトや転職エージェントだけでなく、ハローワークや求人情報誌、新聞の求人欄など、さまざまなものが入ります。

 

 ですが、高給を得られるハイクラスな求人を、すべての求人情報媒体が扱っているわけではありません。時間を有効活用するためにも、活用する求人情報媒体は、よりハイクラスな求人情報を取り扱っているところを厳選した上で決めることをおすすめします。

 

 高給が前提のハイクラスな求人を扱っている媒体といえば、転職エージェントと一部の転職サイトになります。
 特にハイクラスやエグゼクティブ系のエージェントやサイトであると自ら謳っている媒体は使う価値があるのかもしれません。無駄な求人情報を入れないためにも、こうした転職エージェントや転職サイトに絞って探してみるといいでしょう。

 

 転職先の業界や職種がある程度定まっているのであれば、それに特化している、あるいはそれを得意としている転職エージェントや転職サイトを利用してもいいかもしれません。これも無駄な求人と出会わないための賢い媒体の選択となるはずです。

 

 自分が希望する業界や職種、あるいは求人のレベルに合うものを、是非、探してみてください。

 

 

求人情報媒体は併用しよう

 自分の希望に合った転職を実現するためには、一つでも多くの求人情報を得て、応募する必要があります。効率よく、自分の条件に合う仕事探しをするためにも、求人情報媒体は常に併用するようにしましょう。

 

 求人情報媒体は厳選すべきだが、しかし併用しようというのも、どこか矛盾を感じるかもしれません。しかし、例えばハイクラス求人を扱っていたりエグゼクティブ系の求人が集まる転職エージェントは一つではありませんし、それは転職サイトも然り。
 つまり、媒体やサービスはできるだけ絞り込みたいものの、ハイクラス求人を取り扱う媒体は、そこでしか企業の人材募集情報を手に入れられない、いわゆる独占求人を抱えているところも多いので、エージェント等は複数を併用するのが、より効果的に求人や企業と出会う方法となるのです。

 

 ハイクラスな求人を扱う転職サイトなら、無料コンテンツを活用しながら登録レジュメを使って、企業からのオファーを待つことができますし、転職エージェントなら、転職サイトでは見かけることのない、優良かつレベルの高い非公開求人もたくさん扱っています。
 つまり、各エージェントやサイトで提供する機能やサービスに違いがあることも、併用すべき理由なのです。

 

 求人情報媒体の使い方や選択によって、得られる情報も転職結果も変わってくると思っておくべきなのかもしれません。

 

 

 

【関連記事】

 

 

 



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト