自分だけでなく、企業目線で志望動機を書こう

志望動機で書くべきこと

 高給取りになることを目指す転職の場合、企業から求められるニーズを満たしていることが前提です。

 

 そのため、募集職種にマッチする自分のキャリアと実績があることは当然で、さらに個人ではなく、組織にいかに貢献できるかをアピールする必要があります。そうした多角的な企業のニーズをリサーチするためには、綿密な企業研究が不可欠です。

 

 志望動機には、「いま自分が何ができるのか」「どうしてその企業に応募したいと考えたのか」「入社後に自分ができること、やりたいことは何か」が、明確に書かれていることが大事です。 詳細は職務経歴書で説明しますので、欄内に収まるように、簡潔に書きましょう。

 

 

志望動機でプレゼン能力が問われる

 企業が高給を払ってでも採用したいと考えるのは、投資以上の成果をあげてくれる人材です。結果を出せるビジネスマンの特徴の一つに、「プレゼンテーション能力が高いこと」があげられます。

 

 書類選考を通過するためには、まず履歴書の志望動機欄に書かれている内容に説得力があるのか、自己アピールがきちんとできているのかという、プレゼン能力を見せることが必要です。

 

 自分の希望だけでなく、企業サイドに立って、魅力的な内容を書くようにしましょう。

 

 

 

【関連記事】

 

 

 



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト