途中入社の注意点

転職先で長く働くために

 

 転職活動は内定がゴールなのではなく、そこで長く働き続けることが大事です。

 

 まして、高給を保障されて途中入社してくる新人に対し、既存社員のすべてが好意的とは限りませんので、余計な波風を立てない努力が不可欠です。そこで、途中入社の注意点をまとめておきたいと思います。

 

 まず、入社後3カ月は、何かと目立つ時期なので、反感を持たれないように注意することを意識してください。キャリア採用の場合、過去の実績を自慢げに話すひともいますが、そうした態度には必ず眉をひそめるひとがいます。自分から積極的にコミュニケーションをはかるのはよいですが、話題には十分に注意しましょう。

 

 

会社の慣例には従おう

 

 同じ職種での転職であっても、仕事の進め方やルール、業務範囲は、会社によって異なるものです。ひとによっては、前職のルールやシステムの方が効率的だと感じるかもしれません。

 

 ですが、会社に溶け込んだと実感できるまでは、会社の慣例に従い、批判や愚痴は言わないようにしましょう。自分のやり方を貫くのも厳禁。また、既存社員より早く出勤し、残業もいとわないという姿勢も持っておきたいところです。

 

 自分の仕事は片付いても、周囲に残っているひとがいたら、積極的にサポートを申し出ましょう。

 

 

仕事が終わってからも仕事のうち

 

 仕事ができる人は、社外での活動も非常に上手。特に就業時間が終了した後の時間を非常に上手に活用するものです。

 

 仕事が終わった後の飲みの場、食事の場などには積極的に参加するようにしましょう。誘われたら必ずそれに応えたいですし、何なら自ら他の社員たちを誘うくらいの積極性を持っておきたいところです。

 

 仕事以外でのそうした場というのは、単に他の社員たちとの仲を深めるだけではなく、情報を獲得するためにも有効に使えるはず。自分がこれからのし上がっていくために何が必要となるのか。関係性を深めつつも、あらゆる情報をキャッチし、将来のさらなるキャリアアップに繋げるための場なのです。

 

 

早めに何かしらの結果を出すこと

 

 途中入社のすべての人が入社間もなく結果を出すことは難しいでしょう。しかし、高給を保障されて途中入社した人は、早いタイミングでそれなりの結果を出し、実績を残しておくことが求められます。

 

 営業職であるならば大口の契約を取ってくる、企画系であれば採用されるようなアイデアを出す、部下を持つ人であれば無駄のないマネージメントを行い効率化を図るなど、それぞれの立場に合った結果を残すことに尽力してください。

 

 こうしたことを入社後できるだけ短い期間でできないと、あなたの採用を後悔されてしまうかもしれません。途中入社だからこそ強く意識しておきたいこととなります。

 

 

【関連記事】

 

 

 



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト