給与アップには転職しかない!と思った人が会社から引き止めにあってしまったら?

「長い時間をかけて考えた結果」であることを伝える

 

 退職の意志を伝えるのはいつでも気まずいものです。引き止めにあいながらも、しかしその意志が固いことを伝え続けるのは、精神的にもストレスとなるでしょう。

 

 この転職(退職)の意志を伝える際は、それが、「長い時間をかけて考え、導き出した結果」であることをしっかりと伝えなければなりません。

 

 思いつきで転職を検討しているのではないかと思われてしまったら、引き止めがエスカレートする可能性あり。「考え直してくれないか」と言われても、「もう半年も前から考えていた」であるとか、「毎日悩み続けて出した結論です」といった、意志を変える余地はないことを断固として伝えることが重要になってくるのです。

 

給与アップの提案があった場合は?

 

 転職したいと思った理由が給与アップのためであった場合、もし引き止め材料として給与アップを提案されたら、どうしたらいいのでしょうか。

 

 その給与アップ案に納得がいくのであれば退職を思いとどまってもいいのかもしれませんが、果たしてその約束が守られるのかも確証がないでしょうし、そもそも、そんな簡単に給与が上がるような会社を信用できるのかどうかも疑問。

 

 ただ単に引き止めるための口約束かもしれないと考えれば、その提案にはのらず転職した方がメリットが大きいのかもしれません。

 

 また、辞める予定の会社へ、自ら給与アップの交渉を切り出すのも避けた方がいいでしょう。お金だけの人間というレッテルが貼られ、例えそれが受け入れられたとしても、今後働きづらくなる恐れがあるからです。

 

退職に関する作業を始めてしまいましょう

 

 会社へ退職する意志、これは退職届を出すことで示したことになりますが、その時点から2週間が経過すれば、法律上は辞めることができます。その間も引き止めは続くかもしれませんが、それでも退職に関する作業をしっかりと進めていくことが重要です。

 

 強引な辞め方に見えるかもしれません。しかし、転職は時間との戦いでもあるため、無用な引き止め工作に真剣に付き合う必要もないのです。もちろん会社のことも考えなければなりませんが、退職作業を進めていくことで会社も納得をせざるを得ない状況を生み出すことが大事。

 

 話し合いは継続しながらも、意志は変わらないことを口だけではなく行動でも示すようにする。これによって相手に気持ちを伝えることが、ひとつの引き止め対処法となるのです。

 

 

【関連記事】

 



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト