印象に残る逆質問をしよう

逆質問で採用担当者に語らせよう!

 面接では必ず、「何か質問はありますか?」と問いかけられます。この時に、応募者から面接官に問うことが、いわゆる“逆質問”と呼ばれるもの。
 この逆質問の仕方で、企業の採用担当者の心証が大きく変わります。それまで面接官からの質問に上手く答えられていなかったとしても、逆質問で一発逆転!なんてことも有り得るほど大事なものなのです。

 

 面接前にいくつかの逆質問を用意しておくのは、プレゼンの手法の一つと考えましょう。その際、採用担当者が「はい」「いいえ」と一言で答えられるような質問は用意する意味がありません。
「はい」、「いいえ」だけで終わってしまうわけですから、ろくな情報が聞き出せず、且つ、「なんてつまらない質問をする応募者なのだろう」と思われてしまう可能性大。

 

「募集している職種についてのスキルはありますが、業務を効率化するうえで、何か課題になっていることはありますか?」など、採用担当者に語らせることのできる質問を、用意しておくことをおすすめします。

 

 

担当者によって、質問内容を変えよう

 転職の面接は、人事担当者や現場担当者、経営陣と、役職や立場が違うひとを相手にしなければならないことがあります。そのような場合には、逆質問も面接相手によって変えることで、できる人材であることを印象付けることができるでしょう。

 

 人事担当者であれば職場の雰囲気や業務への意欲が伝わるものを、現場担当者であれば部課で求められるスキルや役割、経営陣であれば企業理念や事業ビジョンに対する共感が伝わるような、逆質問を用意しておくと安心です。

 

 高給を得ることを目指しての転職活動でしょうが、福利厚生や年収について逆質問するのは、印象を悪くしかねないので、注意が必要です。

 

 

最も印象が良くなる可能性の高い逆質問は?

 印象を残すことも大事ですが、それが良いものでなければ意味はありません。
 面接で、最も印象を良くすると考えられるのが、面接中に飛び出した話や言葉に関する逆質問をすることです。

 

 逆質問を事前に用意しておくのも良いでしょう。しかし、そうしたものの多くは、「いろいろ考えて用意してきているな」と面接官に思われてしまうもの。

 

 面接中に出てきた話や言葉の本質や意図を尋ねる、意味を尋ねる、そうしたものに対する面接官の価値観や意見を尋ねる、こうした逆質問は、“今まさにこの場で考えた”ことを印象づけられるため、コミュニケーション能力が高く、頭の回転も早く、企業やそこで働く人に興味を持っているということを十分に感じ取ってもらうことが可能となるのです。

 

 とっさに質問を作成できるようなトレーニングや対策をしておけば、良い印象を残すための逆質問ができるでしょう。

 

 

【関連記事】

 

 

 



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト