転職に年齢制限はある?適した時期って?転職に関するよくある質問

転職に年齢制限はある?
いいえ、年齢制限はありません。

 一つの職業を一途に務めてきた人、社会経験が豊富な人、国家資格を取得して改めてその資格を活かし就職活動をしようとする人など。実務経験を備えた中高年の人材を求めている企業は多くあります。 
  また現代では、豊富な経験と知識をもったシニアのみを対象とした派遣会社が多く登場するなど、転職に対する年齢の考え方は昔と比べ変化がみられます。

 

注意点

 しかし、求人の条件に「転職年齢上限35歳」という言葉や表記を見聞することがあります。
 実際のところ、職種によっては年齢が障害になるケースは出てきます。体力が中心の仕事や、若年層をターゲットとした企業では採用が難しいのが現実です。

 

転職に適した時期っていつ?
おすすめは4月、8月、10月、12月です

 自分が転職したいと思ったときが“転職時”であって、転職し易い時期なんで関係ないという方もいるでしょう。それは早計というものです。
 少なくとも企業が求人を出し易い時期くらいは覚えて対処したいものです。転職意欲がどんなに強くても、肝心の募集案件がなくては、目指す転職はできませんからね。

 

転職時期のポイント

 転職の好機ですが、一般的には賞与支給月7月と12月直後に退職する者が増える傾向にあるため、まずはこの時期を抑えます。
 また企業は事業計画を年度の前期と後期でプロジェクトや新規事業立ち上げ等でメリハリをつけることが多く、このため4月と10月に採用活動を行う例も見られます。
 転職活動には『相当の覚悟と準備が必要』です、その準備は賞与支給月を目前に控えた7月もしくは11月頃には求人サイトへの登録、履歴書、職務経歴書、多めの顔写真撮影等は仕上げておくのが好ましい姿です。3月と9月も同様です。

 

 

転職活動ってだいたいどれくらいお金がかかる?

 

予想以上に費用が掛かります

 企業から採用試験に呼ばれたら何としても伺いたいのが本音です、短時間の中での行ったり来たりで気付くと相当な金額を消費しているものです。
 こうした金銭、物心の消費は平均的転職活動とされている5ヶ月半続くわけです。 転職活動には想像以上にお金がかかります。
 加えて気疲れ、短時間での移動等、精神力や体力は出ていくばかりです。 ですから、転職することを考えたら、在職しながら少しずつ行うことが重要です。
 金銭的な心配はもちろんのこと、何より精神的な焦りが少なくて済むことのメリットははかり知れません。

転職活動に掛かる費用
  • 人材紹介会社や公共職業紹介所等への交通費
  • 企業への採用試験受験のための交通着、飲食費
  • 履歴書購入費、顔写真代、就職情報誌購入費
  • 転職期間中の生活費

この記事を誰かの役に立つと思ったら、みんなに共有のご協力お願いします。


トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト