退社準備は何から始めたらいいのですか

 

 退職を考え始めたらまず一旦は思い留まることです。その決断が果たして後悔しないという結論が出た段階で次に進みます。

 

 一般的には退職希望日の約3ヵ月前が順当とされておりますが会社により社内規定があるでしょうからそれに準じて執り行うのが正規です。まずは口頭で伝えるのですいが、その前に上司に相談的に意見を聞いて見るのも良いと思います。

 

 その段階で退職を思い留まる人もおりますが意志が固ければ次に進みます。所属部署の業務が忙しい時期は避けるのが常識ですが辞めることになれば引き継ぎにも時間がかかることになりますので、取引先への挨拶周りからお世話になった相手先企業へのお礼参りとか多忙を極めることになります。

 

 

 辞める日から逆算をして計画的に行うことになりますがスピード感を持って対応することをお勧めします。それから辞める事を最初に相談する人は同僚が多いと思いますが、このことは内緒にして貰えるように口止めをくれぐれも行ってください。上司に相談する前に漏れるようでは口の軽い人間と思われても仕方ありません。

 

 さて、いよいよ退職届を出すのですが、一般的な形式が決まっているので事細やかに退職理由を書くことは必要ないです。

 

 引き継ぎが業務もスムースに進み計画通りに終えたら業務内容をまとめた資料を作り次の担当者に渡します。それから退職した後の何か問題が発生したりトラブルが発生しないとも限らないので自分の連絡先は教えておくのは常識です。

 

 いよいよ退職の日が近づいて来ます。送別会も程なく終わりデスクの中の私物をまとめることになります。名刺・社章・健康保険被保険者証・社員証・は会社へ返却します。数日後に会社の方から離職票・雇用保険被保険者証・源泉徴収票・年金手帳が郵送されてきますから受け取ります。

 

 退職日にはお世話になった上司や同僚にお世話になったことの挨拶をします。

 

 ここまで来たら次にやることは、もし転職先がまだ決まっていない人はハローワークへ直行です。求職の申し込みをして失業給付受給資格の確認をするいことになるからです。ここで面戸うな事務手続きがあるのですが転職先が決まっていない人は健康保険組合または社会保険事務所へ行き任意継続被保険者制度の鉄好きをするのです。それが面倒な人は市役所へ行き国民健康保険の加入手続きを済ませる必要があります。

 

 更に面倒なことがありますがそれは6〜12月に退職する人の場合ですが半年分の住民税が給与から天引きになってませんので自分で税務署へ行って手続きをすることになります。

 

 一番良いのは辞めたら一週間後程度に新しい会社に入社出来るように段取りを組んで退職することです。もろもろの手続きが次の会社で全て行ってくれるので楽だからです。



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト