転職には戦略を固めてからでも遅くない


 転職をする前にまずは今の職場にいながら転業先を探すほうが断然有利です。面接で落ちたら今の会社にチャッカリと戻れるからです。完全に退職してからの転職活動ですと再就職先が決まるまでは心が落ち着きません。

 

 次に大切なことは自分のこれまでの職歴と応募先企業との相性になります。それを調べるには求人雑誌や求人広告ではわかりません。生の情報を耳に入れなくてはならないのですがこれがなかなか難しいです。

 

 友人知人からの情報源を得られない人はせめてその会社の様子を外からでも眺めに行くべきですが・・・・それで自分なりに感で捉えてくることです。何となく雰囲気だ自分が入社してもやれそうかどうかが分かるものです。

 

 あらゆる知り得るだけの情報を収取してから面接に臨む場合と、何とかなると思いながら臨む場合とでは面接の時にハッキリとうえっ答えが出来ないミスを犯す危険がありますので応募先企業の取引先業者は何処かぐらいは把握してから臨みたいものです。

 

 次に履歴書などの書類の書き方ですが自分自身を表現するものですから使い回しの履歴書だけは使わないで頂きたいものです。何度も使い回しをしている履歴書は色が変色してますから直ぐにわかります。

 

 面接では自分自身が何をやりたいのかを簡潔に説明できるだけの事前の準備は最低限必要になりますから応募先企業の営業収益などのIR情報程度は下調べしてから臨みたいです。自分をアピールして売り込むわけですから、どれだけ自分が企業にとってふさわしい人間であるかをアピールすることが勝負の分かれ目となります。

 

 応募する企業が求める人材はこれから一緒に仕事をややっていくにふさわしい人を探しておりますから内定連絡を有利に受け取るにはやはり相手の企業情報を勉強してから面接に臨んだ人とそうでない人では答える中味の厚みがどうしても違ってきますしその微妙な違いが実は一番大きな決定要素であることを知る人は少ないのです。

 

 勉強を真剣にやった人の言う言葉に復習よりも予習のほうが断然勉強が出来るようになると必ず皆さんがいいますが・・・これこそが勝利を導く法則なのです。



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト