転職時の面接で気をつけておきたいマナー

転職時の面接で気をつけておきたいマナー

転職する時の面接マナーで大事なのは第一印象!

 

 人と人との出会いの殆どは第一印象で決まると言っても過言ではないですが、転職の際の面接における印象もマナーの良し悪し次第で大きく運命が分かれることもあります。それも、最初の3分から5分でその人の印象が焼き付いてしまうとも言われています。ですので、中身や能力が大事とは言え、外見を整えて相手に違和感無く受け入れてもらう注意は必要です。

 

 転職の面接用のスーツやワイシャツに関しては清潔でシワが無く、体の大きさにフィットした物を着用するのがマナーです。靴やカバンもきちんと手入れされているものを使用します。髪型は派手さを避け、やはり清潔に整えておくようにしましょう。つまりは、相手に不快感を与えないような身なりで相手に敬意を表す事が好印象を与えるコツです。

 

 

 

転職する時の面接マナーで気を付けたい事は?

 面接を約束した時間は厳守が当然の事ながら、早ければ良いという物では無い事に注意が必要です。早すぎると逆に相手に失礼に当たりますので、最前のマナーとしては予定時間より3分前くらいに入るように心掛けましょう。

 

 その他では、現職の会社に対する不満や悪口をあからさまに発言すると言ったような事は、いくら転職とは言えマナー違反です。

 

 

 

転職する時の面接マナーで絶対に避けたい事は?

 面接中に例え緊張しているとしても、暗い印象を与えてはいけません。一緒に仕事をして楽しい、一緒に仕事をしたいと思われるような明るい印象を心掛けましょう。

 

 面接中に質問をどうぞと言われることがありますが、何でも聞いて良いという事ではありません。会社の内容に関して明らかにホームページなどを読んでいないな?と思われるような質問は多きなダメージとなることは間違い有りません。

 

 相手の質問に関して、緊張のあまり何も答えられないなどという事の無いようにあらかじめ質問の内容を予測しておくことは大事ですが、あまりにも自分のペースで長々と話してしまうのはマナー違反です。相手の聞きたいポイントに的確に答えるようなシンプルさが重要です。



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト