高給をめざして転職するための転職活動ステップ

 高給を目指して転職する場合には、弁護士や医師、公認会計士などの士業といわれる国家資格を利用して転職する場合と、外資系企業に転職する場合があります。

 

 そこで高給を目指して転職する場合の、求人の獲得の仕方や応募方法など知っておくべきことについてご紹介しておきます。そこで転職活動をステップごとにまとめてありますので、是非ご利用ください。

 

 

STEP1.高給を目指して転職するために考えこと

 高給で転職する場合に、求められる求人スペックや経験、スキル、資格などについて調べてみます。そしてそこから、これまでの自分の経験や実績から転職先で通用するのかどうか、能力、精神力、体力を項目ごとに確認していきます。

 

 そして、自分が高い給与だけを求めて転職するのか、一度じっくりと自己分析することをお勧めします。そうすることで自分の本音や転職軸が明確になるため、迷った時には原点に戻ることができます。

 

【関連記事】

 

 

STEP2.情報を集める

 高給な求人を獲得するためには、一般の人が利用しているインターネットサイトではなく、高額求人や非公開求人を多数取り扱うリクルートエージェントリクナビネクストのスカウト登録がお勧めです。これらは、非公開求人を多数扱うため、高給な求人も多数紹介してくれる可能性があります。また、スカウト登録では、希望を登録しておくことで企業から直接連絡を受けることができるため有利に転職を進めることができます。

 

【関連記事】

 

 

STEP3.応募する

 応募書類を作成します。外資系の場合には、英文レジュメだけで良い場合や、日本語レジュメでも履歴書と職務経歴書が一緒になったレジュメで応募することが一般的です。

 

 また、外資系企業の場合には、職務範囲と権限が明確になっています。そこで、自分の職務経験からできることと、できないことを明確にして、採用担当者に最大限に自分をアピールするようにしましょう。

 

【関連記事】

 

 

STEP4.面接を受ける

 書類選考に通過したら面接になります。一般的に面接回数は3回程度になります。基本的な想定質問に対する万全な回答を準備して臨む必要があります。求められる求人要項に対して、これまでの経験やスキル、実績がどのように転職先で貢献できるのかということをしっかりと伝えると良いでしょう。

 

 また、加えて精神的、体力的にタフであることもエピソードをいれて伝えます。ポイントをおさえたコミュニケーションをとることで、一緒に働きたいと思ってもらうことが内定への近道になります。

 

【関連記事】

 

 

STEP5.円満退社・入社準備をする。

 内定を獲得したら入社準備をします。内定通知書が提示されたら、条件や待遇だけでなく、ボーナス支給についてもしっかりと確認して問題がなければ内定通知書にサインします。

 

 その後は、現職で退職を上司に伝え受理されたのち、職場の同僚に引き継ぎ、仕事関係者に挨拶を行い円満退職となります。退職日と入社日がスムーズに行われように、就業規則は事前に確認しておくと良いでしょう。

 

【関連記事】

 

 

 

 



トップページ 高給への転職活動ステップ おすすめ転職サイト